<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧




「この世界の片隅に」

映画「この世界の片隅に」を見てきました、映画館で見て良かったです。
原作のこうの史代さんのまんがも面白かったけれど、アニメはアニメでまた面白かったです。
映画を見ていて自分なりに思うことが少しあったので、ここに書いておきます。
すずさんがよくする困り顔、「><」こういう感じの線が三本の目になる顔。
これ、原作ではどうだったか分からないけれど、アニメでは首をひねったポーズとして描かれていたような気がします。
こういうつもりだったんだけど、あれ?おかしいなあ・・・・と、自分で思っていたのと違う結果に言葉には出さないまでも、首を傾げる。
この首をひねる様子が、かわいらしくて、見ていておもわず微笑んでしまう仕草として、よく出て
くるんだけれど、映画が進んでいくと、これがどんどんと無表情になっていく。
ここから、というのが映画にはあって、確かここだったと思うという所があるんですが、、、、見直さないと正確には分からないので、どこからとは言えないのですが。
それから、見ていて気になったのは、煙の描写です。
この映画の人物の絵を見れば分かるように、まんが絵的なかわいらしい絵なんですが、表現として絵の質感が三つに振り分けられているように思います。
キャラクターは基本的に、一つの絵柄の範疇から、垣根を超えることはないんですが、これが自然表現の中には、ムラがあって。
キャラクターの絵に合わせたディフォルメされたもの、現実的でキャラクターの絵のディフォルメに合わせないもの、すずさんが描く想像の世界のものという三段階があって、この映画の中のリアリティが三つの階層に振り分けられているような気がします。
後は、所々に出てくる虫とかもそうかな。
この作品は言いたくても言いたいことを言えない、言葉にできない時代が舞台で、そこに思っていることをうまく言葉にできない女の子が一人いました。
絵を描くのが好きなすずさん。
すずさんはどうして、絵を描くのか?そういう映画に見えました。
映画の中で、ここに絵の具があればなあというような事をいうシーンが有るんですが、そうした表現を垣根とすると、言葉にはしていない、すずさんの言葉が見えてくる、、、、かも?
かも?ですけど。
映画を見た人で、まんがを読んで、見直すと、また違った楽しみかたが出来ると思うので、おすすめです。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2016-11-15 13:21

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧