<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧




映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE」

 最近はアニメには映画が多いいんです、とても多い、とても見きれない。
 オリジナル作品だけでなく、TVアニメから映画になるものも多く、見るのも大変。
 TVアニメから劇場作品になるものの数ってちょっと前と比べると、凄く増えたと思います、そんな中で全部が全部楽しめる作品になっているかどうかというと必ずしもそうではないと思います。
 だから、映画館にアニメ映画を見に足を運ぶ時の気持ちというのは期待半分不安半分というのが素直な気持ちです。
 たいていの作品は原作があるので、原作自体の面白さ如何という前提条件もあるけれど、TVアニメがある映画作品は他にも前提条件が有るということになる。
 NARUTO TH LASTはそういう点で楽しむことに、かなりおおきな前提条件が有る。
 作品内容的に大筋にからまない番外編ではなく、原作の内容にも直接関係している、メインストーリーの一環だし、ある意味で原作とも違う最終回の一つとも見れる。
 十数年続いてきた作品に付き合ってきた人のための作品で、作品に出てくる登場人物がどんな人生を送るかということに興味を持っている人たちのための内容だと思う。
 結論から言うと、自分はこの映画を楽しめました。
 この映画には他のアニメ映画の中で自分が感じていたいくつかの不満を解消してくれたような所があって、そういう点でも満足感が有りました。
 見ていて、作画が全く気にならずに見れたのも良かったです。
 アニメを見ているとここは作画的にうまかったかどうだったか~というのを無意識にでも考えてしまうところがあるんですが、この映画ではいい意味でそういうことを気にせず内容に集中して見れました。
 演出処理にいる人が浜名孝行さん一人で、監督と二人だけで演出処理をしてるってことなんでしょうか?
 そういうことが関係しているからかどうかはわからないけれど、作家性の強い監督が監督している作品とは違う意味での統制の強さを見ていて感じました。
 登場人物の設定年齢が今までアニメで見たことのなかった歳っていうのもあるんですけど、町並みもいつもとはかなり違っていて、現代のとある商店街のようなかんじなんですが地に足の着いた世界としてしっかり描かれてる感じがしました。
 ちょっとした描写で、登場人物たちに日常生活があって、それを大切にしているという風に見えるのが良いなと思いました。
 この映画だけ見て楽しめるというものとは違うかもしれないけど、長年見てきた人のためのご褒美としての良さが有ると思います。
 なのでEDの絵を見ていて感慨深いものが有りました、なんだかんだいっても十年以上は見てきたけど、おまえ幸せになってよかったなあ・・・・・・・・・そんな感じ。
 
 
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-12-20 00:56

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧