<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧




思い出のマーニーを見た。

 米林宏昌監督の「思い出のマーニー」を見た。
 なかなか楽しめて見れました。内容に触れてしまうかもしれないけど、ラストで沼地屋敷からマーニーが手を振っているカットにはこみ上げるものがあった。
 第一印象としては、今敏さんの作品を見た感覚が近い。現実や記憶や現在や過去、自分と他人が入り乱れる幻想的な内容で、自分探しでもある。
 今敏さんの作品に参加してきた安藤雅司さんの絵だったので余計にそう思ったのかもしれない。
 アリエッティの時は、アリエッティが動いているだけでワクワク感があったけど、今回の作品では杏奈ちゃんとマーニーが逢引してる所が特に楽しそうでもなかったのが少し残念だった。マーニー一人でジュースとクッキー飲み食いしてるし。
 内容的にそういうものだったのかもしれないけど、「マーニーの外見が綺麗」という以上の魅力をいまいち感じられなかった、個人的にはのぶこちゃんが好きで外見からして甘やかされて育ったんだろうけど、杏奈ちゃんとのやりとりで手打ちの条件を提示した上で仲良くしましょうと言ったり、かなり大人だなあと思った。
 大人だから余計に杏奈ちゃんとは合わないのかもしれないけど。なのでマーニーとの対比なのかもしれないけどキャラクターザイン的に嫌気が見えてしまうような感じがちょっと悲しかった。
 絵柄は個人的に好きな感じで、素直なことを言うと「ももへの」もこういう感じの絵柄だとよかったなあと思った。
 杏奈ちゃんは端正な美人という感じの顔立ちがして、お母さんだけ顔がももっぽい感じだったのでももの世界からジブリの世界に来た人という感じがしなくもないような・・・・
 作画的には近藤勝也さんがラストで久子さんの回想シーン的な所をまとまってやっているんじゃないかと思うんだけど、とても良かったです。
 あとマーニーが白い服(寝間着?)を着ている登場時周辺のシーンは、絵がかなり柔らかい感じがして好きでした、布の感じが見たことのない独特な感じで、マーニーのお腹の辺りの布とか描き方を間違えるとデブに見えそうな難しそうな絵をとても柔らかな質感を感じさせていて、じっくり見直したいと思いました。
 ベッドシーンで杏奈とマーニーが走り回る辺りが本田雄さんで、マーニーがキノコ狩りのあとで告白を始める辺りが沖浦啓之さんかなあと思ったんですが、この辺はものすごく上手くて生き生きと動いてるけどちょっと絵が、というか着ている服の布地?がそこで突然固くなったような錯覚を感じました。
 とは言え、本田さんはもちろん、沖浦さんにももっとこういう、女の子を可愛く描くようなお仕事をしてほしいなあと、個人的な願望を持ちました。
 
 これからも色々とあるんだろうけど杏奈ちゃんには幸せになってほしいなあ、そして色いろあるだろうけど、これからもスタジオジブリの映画を見て行きたいなあと思いました。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-07-26 18:12

映画館で見た、カリオストロの城。

 ドリパスの企画でカリオストロの城を映画館で見た、子供の頃から何度も見ている映画だけど、映画館で見るのは初めて。
 映画館の大きなスクリーンで見るとやはり印象が違う、冒頭の過チェイスはすごい迫力。
 最初から最後まで通してちゃんと見るのは久々なような気もするけど、面白かった、かなり面白かった。
 見なおしてみると、ルパンが城の侵入に成功して、地下に落とされる所までは作画で盛り上げるという感じだけど、そこから先は少し落ち着いているように見えた。
 と言ってもそれが粗として気になることはない。前半に伏線だったんだろうなと思われるセリフ(五右衛門が登場する所で戦車が必要だから銭形を呼んだとか)が少し残っているのでもっと色々作画で盛り上げる予定だったんだろうなとは思うんだけど。
 カリオストロの城はかなりの短期間で作られたことで有名だけど、完成した今となってはやっぱりこれがベストなんじゃないかなと思ってしまう。
 前半はかなり作画演出的に凝っていて、1カット1カット◯◯が何をしましたという状況説明以上の事を登場人物がしている。
 着地するとちょっと滑って転けそうになるとか、キャッチしたハンマーが自分がおもったより重かったとか、カーチェイスの所で森のなかを走ると鳥が車の中を通り抜けていくとかスパゲッティを取り合うとかいうカットがあるけど、あんな感じで全体的にアイデアが詰まっていると思う。
 ちょっとした仕草がキャラクターを膨らませる動きになっていて、ホテルに刺客が襲ってくる所でルパンがなにか作業しているんだけど気配を感じて道具を片付けはじめる、その動きが実に「てきぱき」している。
 「てきぱき」としていてプロっぽい、手慣れてそうと動きだけで伝わってくるし、不思議なことに「テキパキ」という擬音まで聞こえてくる気がする。
 擬態語的アニメーションというか、絵で(動きで)聞く音というか、宮崎さんの作っているアニメにはなんとなく、音が聞こえてくる、具体的な音ではなくて、あくまで擬音なんだけど。宮崎さんのマンガなどに描いてあるあの妙な擬音が聞こえてくる感覚がある。
 こういう所が、他のアニメとと違う「動いている以上の何か」、なんだろうと思った。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-07-26 17:26

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧