<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧




特撮博物館に行って来ました。

d0224617_22143040.jpg


 東京都現代美術館で開催されている、「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行って来ましたよ!
 
 http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

 展示品の数もたくさんあって見応えがあるなあなんて思って眺めていたのですが、展示の順番が面白かったです。
 最初は模型などの展示、ウルトラマン関連の展示と続いていき、「巨神兵東京に現わる」の展示に近づくに連れて樋口真嗣さんの監督作関連の展示が続き、会場全体のどんどん暗くなっていって、「巨神兵東京に現わる」を真っ暗闇の中で見ます。
 その後はこの映像がどんなアイデアを元にして作られていったのか、試行錯誤の様子がドキュメンタリー映像で流れ、展示は地下に続き特撮美術倉庫が再現されているのですがその場に立ち入った瞬間自然に感嘆の声が出てしまいました。
 自分は三人組で行ったのですが三人揃って「・・・・・・おーっ・・・・・・・・・」っと声を出して見入ってました。
 本物の倉庫に迷い込んだような感覚を味わえて楽しい展示でした。
 そのあとは、過去の特撮作品がどんな創意工夫を経て作られていったのか撮影に使った造形や特殊な撮影方法、映像合成技法を体感できる展示になっていて興味深いものでした。
 このあとの部屋が館長の庵野さんの趣味の部屋なんじゃないかなという展示でずらっと並んで特撮関連のフィギュアこれは館長の私物なんですかね?仮面ライダー555がちょっと多めでした。
 同時に流れているのはこれも館長編集の特撮名場面集、すごい趣味の空間。
 最後はミニチュアの中で記念写真を撮れるスペース、それからミニチュアセットの中に入れるようになっているのですが、これはやはり実際立ち入ってみると興奮しますね。
 みんな夢中になって写真をとっている姿は楽しげでした。
 全体を通して見ると特撮とともに生きてきた館長の人生を疑似体験できるような楽しみ方もできて面白いのではないかと思います。

 
 
 「巨神兵東京に現わる」
 まず最初に出る   巨神兵 宮崎駿
 というクレジットに、思わず笑ってしまいました。
 インパクトが強すぎる!
 CGを排して作られていると聞くと、何だか一回転した価値観の変化を感じるのですが、たぶん今の手描きアニメでも「CGを使わずに全て手で描いた」というのはアピールポイントになっているような気がするので複雑ですね。
 しかし、これは見応えのある映像でした。
 思う存分東京を、世界を壊滅させる事に尽力したもので、やっぱり特撮はイイなあなんて思いました。
 メイキング映像を意識してみると、特撮的技術は映像の素材的位置づけになっていて、加工を前提とした素材として作られている感覚なので、かなりアニメに近いなあと思いました。
 巨神兵の吐き出すビームそのものは手描きの作画のようですし、こうして見るとデジタルというのは様々な分野の手仕事を近づけるのりしろのような役割も持っていたのかなと思いました。
 こんな映像をもっと大きなスクリーンで見てみたいものだなあ、そんな気分にしてくれる映像でした。
 行ってよかったですね、気になる方は是非足を運んでみて下さい。
 ともあれ、館長・副館長の今後に期待!



 最近、高野文子さんにはまっていることは前にも書きましたが、何を見ていたかちょっと書き残しておきます。
 高野さんの情報はあまりネット上にはまとまっていないようですしね。

 きっかけは「ユリイカ2002年7月号 高野文子特集」を読んだのが始まりです。
 これには、高野さんが単行本に収録するにあたって前ページを書きなおしたという「奥村さんのお茄子」之雑誌掲載バージョンが掲載されています。
 他には大友克洋さん、高野文子さんの対談が掲載されており、これをよんで高野さんって面白い人だなあと思って色々と探してみました。
 
 おしぐちたかしインタビュー集 マンガ魂

 ユリイカ2007年1月号 松本大洋特集号 (松本大洋×高野文子対談)

 考える人2008年春号 鶴見俊輔×高野文子対談
 
 考える人2008年夏号 鶴見俊輔×高野文子対談

 俳句雑誌 塵風 2010年 2号 高野文子インタビュー

 AERA COMIC ニッポンのマンガ 手塚治虫文化賞10周年記年 「おりがみでツルを折ろう」&インタビュー

 COMIC CUE Vol.8  「sewing」

 こんなアンデルセン知ってた? 「火打ち箱」

 動物園ものがたり 挿絵

 ポプラ社 asta2008年1~6号 紙工作劇場「こがね丸」

 「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」 絵本

monkey business 
vol.9 「謎」ウォルター・デ・ラ・メア作 構成・作画 高野文子
Vol11 「マッチ売りの少女」ハンス・クリスチャン・アンデルセン作 構成・作画 高野文子
Vol.13 「鳥取のふとんの話」 ラフカディオ・ハーン作 構成・作画 高野文子(これは未読です)
Vol.15「ウェイクフィールド」 ナサニエル・ホーソーン作 構成・作画 高野文子

 こんなものかな?最新作は伊東屋さんという文房具店のフリーペーパーらしいけど東京まで行かないともらえないみたいなので持ってません。
 著作を一から読み直す、的なことはまだしていないのでこれからしてみようかなあと思っています。
 あとは対談の中に出てきた本などを読んでみようかと、これは前から読んで見ようかなあと思っていた物も混じっていたりしたので、きっかけができてちょうど良かったですね。
 それといま毎日映画を一本見ると言う事をしています。
 できるだけ、いままで見たことのないような映画を見ると言う事を意識していて見ていたんですが、これも色々と発見があって毎日楽しいです。
 途中から、今敏さんの書いていた映画のリストを思い出して、これも参考に見ていくことにしようということで実践中です。
 今日は「アマデウス」を見ました、これはかなり面白かったですね。
 どれくらい面白かったかというと、早く寝ようと思っていたのに、もうこんな時間です。
 ということで僕は寝ないといけません、おやすみなさい。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2012-07-16 23:20

今年上半期終了!

 今年上半期終了でございます。
 日に日に暑くなっていく毎日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 ぼくは一日一本映画を見たり、絵本を読んだり、週末は図書館に通って楽しい毎日を過ごしております。
 これがだいぶ楽しいんですよね。
 マイブームは高野文子さんです、さいきん見た最新作がとても面白かったです。
 雑誌が廃刊になってしまったので、4回しかやらなかったんですけど、またどこかで続けて欲しいですねえ。
 ブームのきっかけはユリイカの特集だったので、インタビューとかも読んでみたいんですが、俳句の同人誌とかに載ってるそうなのでこれは読めなさそうだなあ。
 連載の方はまだ全部は読めていなくって、最後の一冊がそろそろ届くんじゃないかなあと思うので、その知らせを待つのが今の楽しみです。
 それと今月出る、五十嵐大介さんの画集と単行本も楽しみです。
 「海獣の子供」の連載が終わったときは、単行本出るの・・・・・・・・・
 一年後かよ!?
 っと思ったものでしたが、早いものですね・・・・・・・・・一年なんて。
 いや、ほんとう楽しみですねえ。早く出ないか~そわそわ。
 今月は欲しい本がたくさん出るんですよね、うれしい悲鳴です。
 書きだしてみましょうか・・・・・・・・・
 
 乱と灰色の世界 4巻
 
 海獣の子供 5巻

 ぼくらのフンカ祭 1巻

 台風の日真造圭伍短篇集

 五十嵐大介画集・海獣とタマシイ

 おおかみこどもの雨と雪 絵コンテ 細田守


 
 うん、多いね。
 「機動戦士ガンダムUCインサイドアニメーションワークス1 」←この本ってどんな本なのかな?
 説明を見ると、作監修正が載っていると書いてあるんですが。
 予定としては安彦良和さんのガンダム原画集も今月出る・・・・・・・・・はず?続報がないなあ。
 本田雄原画集の続報はもっと無いけど、新劇場版が終わったらでるんだろうか。
 そういえば、アニメスタイル001は、まさか009まで出るということなんだろうか!?
 謎は深まるばかりですね。
 真造圭伍さんという方は最近なんとなく雑誌を見て気になった人なんですが、すごく高野文子さんっぽい絵を描く人ですね、
 西村ツチカさんなどと一緒に雑誌を出してる方みたいです。
 今月は映画も多いいんですよね。
 「おおかみこどもの雨と雪」
 「ダークナイトライジング」
 「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」
 
 なのはってどうかなあ、この辺ではやらないだろうけど。
 まどかマギカもそろそろなのかな。
 コードギアスもある・・・・・・・・・アニメ師・杉井ギサブロー?ドキュメンタリー映画なのかな?
 
 『アニメ師・杉井ギサブロー』予告編
 http://www.youtube.com/watch?v=x8JelWEPlLs

 フェアリテイル、るろうに剣心も気になるな~。
 いわさきちひろ 27歳の旅立ち、も気になりますね。

 
 絵本の話題も少々。
 さいきん読んだもので衝撃をうけたのは、「かさをささないシランさん」ですね。
 タイトルから「おじさんのかさ」みたいな話なのかなと思って読んだんですが、そうではありませんでした。
 あまり事前情報を入れないで読んだほうがいいと思うので、詳しくは書かないことにしますが、最初の見開きにそんな意味があったのかと何度もページを戻っては確認してしまいました。
 そのうちに少し構成が理解できてきました。
 この本は目開きの左右の位置が重要な構成になっていますね。
 この本全体の構成の中で重要なもの、それは途中で登場するTVだと思います。
 この時TVは左のページに、シランさんは右のページにいます。
 この本のある段階までシランさんは常に目開きのページ右側にいるのですが、最初のテニスのあとの目開きで右のページから左のページにかけてある圧力がかかります。
 その後に出てくるシランさんの位置はすべてページの目開きで左に位置しています。
 これは、シランさんがTVの位置に移動したという演出ではないかと思います。
 日常的な風景から一転しての非日常。
 そのあらゆる意味での意外性。
 言葉の使い方といい、じつに巧みな絵本でした。
 そして考えさせられました、気になった方はぜひ読んでみて下さい。
 
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2012-07-06 01:10

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧