シン・ゴジラ。

「シン・ゴジラ」見ました、面白かった。
IMAXで見たいなと思っていたんだけれど、上映が終わっていたので普通のスクリーンで見ました、と思ったらIMAXが復活するという情報が聞こえてきて、見るのが一日早かった!
凄く面白かったし、とても普通に楽しめる作品だと思いました。
普通っていうのも変ですけど、オタクじゃない人たちも楽しめる作品になっているのではないかと。
マニアックな情報は多いんだけれど、それを気にしなくても見れるし、気にする楽しみ方もできるし。
映像としては、震災で見た映像が怪獣という形を通して再現されているんだけれど、同時に過去の映像作品の再現にもなっている。
嘘と本当が並列になっているのが、新感覚でした。
良い嘘のつき方をしているという言い方もできるのかなと思ったんですけど、庵野秀明というフィルターを通して、世界を見直している感覚が気持ちよい、そんな感じでした。
直接作品としての関係性はないんですけど、見ていて「風立ちぬ」を見た時の感覚が分かったような気がしてきました。
作品を見ることで、宮﨑駿の見た世界を追体験できる、完成した映画を見たことで宮﨑駿の人生の一部になったような、そんな錯覚が心地よかったのかもしれない。
この作品で言うと、庵野さんですけど、映画を見ることで庵野さんの人生の一部になったような錯覚が心地よい。
庵野さんの事がわからない人は、ゴジラでも良いんですけど、圧倒的な存在を感じて、その場に立っている誰かになりたい、そんな感覚です。
「シン・ゴジラ」を見ていると、何か見覚えのある役者の人達がたくさん出てくるんですけど、それが見ているうちに、なにか見覚えのある人達が頑張っているなあという感覚になって行くのが面白かったです。
もしかすると、自分もこの場にいる誰かかもしれない。
音楽のことってよくわからないなあとずっと思っているんですけど、もしかするとライブとかに行くのは、目の前で凄いことがいま起こっているという感覚を味わうために行くのかもしれないと「シン・ゴジラ」を見ていて思いました。
これから凄いことが起きるかもしれないと、今すごいことが起こっているぞとがごちゃ混ぜになったような、ライブ感という感覚ですけど、お祭りの一部になっている感覚と言うと分かりやすいかもしれないです。
ゴジラも、宮﨑駿もそんなお祭りの中でのお神輿なのかもしれないです。
誰よりもすごいのに、たくさんの人の中の一人でしかない、圧倒的なんだけれど、同時に孤独な存在の悲しさも感じる。
「シン・ゴジラ」のゴジラは強くて悲しくて、孤独な所が良かったです。
庵野さんが、このあと何を作るのかが一番楽しみですね。
早くアニメのお祭りに帰ってきてくれー!








[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2016-08-18 01:17

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧