大塚康生(さんのお宝をみんなで持ち寄り)展。

知人に誘われて、ササユリカフェで行われている「大塚康生(さんのお宝をみんなで持ち寄り)展」に行きました。
この展示は、大塚康生さんに関わる資料を持っている人たちが持ち寄って、催されているそうです。
自分は、どんなものがあるかは、足を運ぶまではよく分かっていませんでした。
展示されていた資料は設定資料や修正原画などのコピー、過去の大塚さんに関連した記事のスクラップなど。
まさか、「太陽の王子ホルスの大冒険」や「どうぶつ宝島」の資料まであるとは思いませんでした、たまげたなあ。
大塚さんがキャラクターデザインや作画監督をしていた、「ルパン三世(1期)」の設定や原画などもありました。
一番多かったのは、「未来少年コナン」関連の修正だったと思います。
個人的に嬉しかったのは、「ルパン三世 カリオストロの城」関連の資料で、コナンやカリ城などは今となっては、宮﨑駿さんの功績としてしか話題になりにくいような気がするのですが、大塚さんは東映動画で日本のアニメ制作初期の頃から活躍した人で、宮崎さんの師匠筋にあたる人ですから、当時どのような仕事をしていたかが具体的に気になる人です。
この展示を通して、それらの作品での大塚さんの作画監督としての功績をわずかでも感じられるのではないかと思いました。
カリ城の修正を見ても、下の原画を描いている人たちはもちろん上手いのですが、大塚さんの修正で、それが更に良い感じになっているのを見れたのは良かったです。
コピーとはいえ、劇場作品用の大きな用紙で、実際に手にとって見れるというのがなんとも感慨深いことでした。
特に面白かったのは、カリ城のOPで出てくる車に、原画までの状態だと宮崎さんと大塚さんが乗っているんですが、それが修正の段階で、誰でもない人に修正されているのが見れたことですね(笑)
d0224617_935502.png


見応えがあったのは、「リトル・ニモ」関連の原画。
ベッドに乗ったニモが大渦に飲み込まれていくシーンなんですが、水やニモがバラバラにセル分けされていない状態で、1枚の絵にまとめて描かれている凄い原画で、水の作画で有名な大塚さんの得意分野ということもあり圧巻でした。
個人的に興味深かったのは、ルパンのTVに出てくる車の原画、カリ城の修正で銃の絵をしっかり直している所でした。
ルパンのTVシリーズの最初の方に出てくる車なんですが、絵で見ると、バンパーとかサスペンションの複雑な構造がしっかり描いてあるのが分かるんですよね。
銃も、それぞれのパーツの位置が調整されていて、メカニックを実在する構造物として捉えているように感じられました。
この辺りのこだわりは、今回の展示のきっかけともなった、大塚さんが子供の頃から描いていたという、機関車のスケッチなどから通じているものなのかなと思いました。
本当だったら、コピーだったとしても、展示会でガラス越しに見るようなレベルの展示物だと思うんですが、それを手にとって、お茶を飲みつつ、ケーキを食べながら見れるという貴重な場でした。
展示を見て、大塚さんについてもっと知りたいと思った人は「作画汗まみれ」という本や、「大塚康生の動かす喜び」というDVDが出ているので、そちらを見ると良いかもしれません。
宮崎さんのことは好きで、ジブリ以前の過去の作品に興味はあるけれど、大塚康生さんってよく分からないと思っている人こそ、良い機会なので足を運んでみると良いのではないでしょうか?
ササユリカフェのケーキは美味しいですよ!


最近、大塚康生さんと宮﨑駿さんの作画MADが作られていましたね。
作った人は、海外の方のようですが、まとまっている作品からすごい情熱を感じます。

Yasuo Otsuka (大塚康生) Animation


Hayao Miyazaki (宮崎駿) Animation



カリオストロの城では修正されていましたが、大塚さんと宮崎さん、ルパンのTVの最終回では色んな所に登場したりしています(笑)
d0224617_937191.png
d0224617_9373318.png

[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2016-05-09 09:15

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧