まんが偉人物語

「まんが偉人物語」は歴史上の偉人の伝記的な作品。
芝山努さん、小林治さん、近藤喜文さん、椛島義夫さんなどAプロ的な面子が参加している回があったり、坂口尚さんがローテーションで参加していたりする。
孤独な芸術家を取り上けることの多い坂口回は、短いながら特殊な表現の画面が頻出し、商業的なアニメとは思えない作家性の濃い作品になっていて、どの回もかなり見応えがある。
作家坂口尚のファンは見る価値のある作品だと思う。
見た回をで良かったものを幾つかメモしておこうと思ったけれど、手元に全部の録画ががなかったので、今回は中途半端なメモ。



<ベーブ・ルース> 「約束のホームラン」

演出・作画 小林治
脚本 平見修二
美術 小林七郎

「ど根性ガエル」そっくりのキャラデザ、美術で完成度の高い回。
死後のベーブ・ルースが回想する一人称形式の作品なんだけれど、ベーブ・ルースにはマークという相棒のような付き人のような少年が側にいて、いいところでアドバイスをくれたりする。しかし、誰なんだこいつは・・・・
野球場のレイアウトがよく、特にマウンドの望遠感が良いと思う。



<メンデル>「エンドウ豆にうずまって」

原案・演出 坂口尚
文芸 曽我部絢
美術 西村邦子
作画 我楽苦他



<リンカーン>「人民大統領」

演出 吉田茂承
脚本 平見修二
美術 小林七郎
作画 近藤喜文

近藤さんのAプロ最後の作品と思われる。
Aプロ的な絵柄だけど、止め絵のカットは劇画調のタッチで描かれていてこちらがこの時の近藤さんの素の絵なのかもしれない。
ガンバの冒険風の小林さんの美術も良く、かなり出来が良い回。
処刑寸前にリンカーンに助けられたジミー・スミスという名の脱走兵を中心にした話となっている。
門から手前に3コマ作画で走ってくる馬の作画が良くって、何度も繰り返し見てしまいます。



<コロンブス> 「サンタ・マリア号西へ!」
原案・演出 殿勝内勝
文芸 平見修二
美術 大山哲史
作画 岡田敏靖

岡田さんが作画をしている回は多いんだけど、この回は船乗りを主役にしている為に岡田さんのディフォルメされた水作画が堪能できる。
海をムラのある青系の色味だけで塗ってあって、白い色トレスの線のタッチを変えることで水面や奥行きを表現していたりするのが面白い。



<アンデルセン>「メルヘンの贈りもの」

演出・作画 芝山努
脚本 平見修二
美術 シンエイ動画

老人になったアンデルセンが自分の半生の中で創作の元になった体験を、港で出会った少年に語りかける形式。
絵本的な童話のイメージシーンと100%芝山さんタッチの絵が見れる。



<ゴッホ> 「炎のカンバス」

原案・演出 坂口尚
文芸 平見修二
美術 西村邦子
作画 渡辺いずみ

「まんが偉人物語」の中では孤独な天才を担当することの多い坂口さん、伝記的な作品ながら濃厚な坂口ワールドを広げている。
美術も段々と不安定な精神状態になっていくゴッホの心を映すように歪んでいき、ゴッホの絵そのままのタッチへと変化していったりして、面白い画面になっている。



ベートーベン 「音のない音楽会」

原案・演出 坂口尚
文芸 平見修二
美術 田中資幸
作画 我楽苦他

手塚治虫的なキャラクターデザインの作品で、虫プロ出身の血を感じる回。
若いベートーベンが恋するエレオノーレちゃんがかわいい。
虫プロ作品で手塚治虫が何度も挑戦していた「ファンタジア」的なミュージカルアニメの表現に、手塚作品よりも成功している感じがあって見応えのある回となっている。



これでいいのか 「まんが偉人物語」後期主題歌



後期主題歌の歌詞がひどすぎる、煽っているとしか思えない・・・・
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2016-03-28 21:33

水池屋の日記。
by Yakeishi-ni-Mizu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧