出かけたメモ1「粋美挿画展2015」

「粋美挿画展2015」

 新宿で映画を見に行った時の空き時間に、紀伊國屋に寄ったら階段にポスターがー貼ってあってふらっと見た展示。
 自分でも名前を知っている有名な挿絵画家の人たちの生の原画がタダで見れました。
 この展示で堂昌一という絵描きの名前を知って、気になって調べてみたら好みの絵で気になって画集が欲しくなったんだけど、なかなか見つからなかった。
 もう一つのSMイラスト専門の画号の春日章の方だと、kindleで画集が出ていると教えてもらって購入してみる。
 本でも出ているけどプレミアム価格になっている「妖艶画集」は、kindle版では左右のページが分断されていた上に、左右のページの隙間が離れているという謎の仕様。
 見開きの絵が多いので、かなり残念な状態でした。
 他にもよく見ると、本では出版されていない挿し絵をまとめたkindleにのみ存在している、春日章の電子書籍が存在していて、これも購入。
 こちらは左右の見開きが切れたりしてないし、ちゃんとしていました。
 内容はSMなので抵抗のある人は見ないほうがいいと思います。

 最近、名前は知っていたけどちゃんと見たことはなかった山口晃さんの画集などを図書館で借りてみていて、「すずしろ日記」を読んでいたら、挿し絵の扱いについて何度か嘆いていた。
 確かに、ライトノベルに使われるようなイラストは本としてそのまま残るわけだけど、雑誌の連載小説や新聞の連載小説で使われるようなイラストはその後すべてが再録されることもないので、その時見なかったら、その後見る機会がないのは当たり前。
 見たいと思ったらその当時の雑誌を全部集めるなり、新聞の縮刷版を図書館で見るなりしないといけないわけで(実行したけど、なかなか大変)、書籍として刊行するのは難しくても春日章さんの電子書籍のようにkindleなどでまとめるというのはありなのでは!?
 というか、やって欲しい。
 たまに新聞小説の挿し絵を本にしてまとめた画集が出たりするけど、まとめて見ると凄い量だし、これが埋もれるのはもったいない!と見ると思います。
 
 展示会では堂昌一さんのクロッキー同人誌を購入、おまけで小冊子をもらえた。
 毎年やっているようなので、気になった人は来年行くと良いかも。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2015-08-18 23:39

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧