最近買った本とかの話。

 最近買ったアニメの本は「湯浅政明大全」と「幻の「長くつしたのピッピ」」の2冊なんですが、個人的にはこんな本が出たらな~という夢を実現したような2冊ですね。
 もう、これをめどにしてアニメ関係の本を集めるのとは違う方向性を模索したいなと思ってるんですが、よく分からずにいまは文字でも読もうかと思って少し小説を読んだり、あとその他。
 

 「湯浅政明大全」は凄い分厚さで、湯浅さんのアニメ人生の集大成的なかんじがしていいですね。
 しかし、ちょっと見づらい、紙に色がついていたり、絵の並べ方とか、見づらい気がします。
 ので、いまだにじっくり見れてないです、。
 簡単に見れる内容の本でもないので、じっくり腰をすえて立ち向かわねば。

 「幻の「長くつしたのピッピ」」は中身も全部読みました。
 ちょっと前に、原作も全部読んでいて、これをどんな風にアニメにしようとしていたのかな~と気になっていたところにこの本が出たので、まことにありがたいことこのうえない。
 ピッピの絵はいろんな本に点々と掲載されていたりしたんですが、それがまとまって見れる日が来るとは!
 宮崎駿さんのイメージボードがひとつの作品でこんなにまとまって見れたのも初めてなのでは?という量の掲載量で大変満足。
 小田部さんの絵も、既存の小田部さんの画集で見たことなかったものがまだまだ有り、こちらも満足。
 原作を通読済みだったので、高畑さんの覚え書きも興味深く読めました。
 インタビューもそれぞれ面白かったんですが、本当に一種の原点的な作品で、宮崎さんがロケハンに行った体験談とかかぐや姫の物語的な美術の方向性があったりとか形にならなかったのが残念ですね。
 ここで形にならなかったから後々いろんな作品ができたのかもしれませんが。
 
 宮崎駿さんといえば、最近昔の雑誌に掲載されていたコラムを集めて、読んでみたんですが、面白かったです。
 月刊アニメーション等に掲載されていた、「発想からフィルムまで」と言うものですね、他にもいくつかあるんですが、まとめ買いできたのでほかのもまとめて読みました。
 本にもまとまってるんですけど、絵とかは当時の雑誌にしか載ってないのでどういう感じだったのかなあと思って集めていたんですが、コラムの前にインタビューとかもされていて、これって宮崎さんがアニメ人生の中でも光のあたらない時代に書いていたんですね。
 当時あったアニメブームやアニメのことに関して発言されていて、印象に残ったのが「いつの間にか、僕たちは、銀河系のはじっこで、小さくなっていたのです」「銀河系のはじっこで仲間と、やっていくほかないな」っていう言葉で、今となっては考えられない雰囲気ですね。
 時代的には「ルパン三世カリオストロの城」を作った直後なんですけど。
 通読していて面白かったのは、内容が「風立ちぬ」の前フリにしか思えないんですよ。
 しているのは主に仕事に対する姿勢と飛行機と想像力に関する話で、風立ちぬを見終わった後に読むと、これから風立ちぬを作りますよっていう話にしか読めない。
 あの映画には、ほんとうに一貫した物があったんだなと、改めて思いました。
 
 
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-10-21 21:03

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧