「ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版」を見た。

 近藤喜文展を見た帰りに、「ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版」を見ました。
 久々の富野さんのガンダム、しかもキャラデザは吉田健一さん、とても楽しみにしていた作品です。
 先行放送版はTVの1~3話をまとめたもの、最後まで見た感想としては、まだどうなるかわからないなあと言った感じ。
 3話まで見ても、この作品の中を動き回るキャラクターたちが、どんな人なのか?は全然わからない。
 今までの富野さんの作品と違うなと思ったのは、かなり意識的なセルフパロディ的な演出が多い所。
 ファーストガンダムのいち場面を意識的に連想させるシーンの流用がかなり多い。
 吉田さんの手描きの描線を活かした線、それにデジタル処理された画面からの差別化を目的としているような、擬似セル画アニメ的なふしぎな映像もまだ何を目指しているものなのか3話だけでは分からない。
 キャラクターが何を目指して行動しているかもまだまだ分からない、状況はどんどんと変化していって、最近の13話くらいの話数で構成されているTVアニメシリーズの展開よりもずいぶんと駆け足だ。
 人物、それにメカニックのキャラクターたちは画面を所狭しと走り回って叫んでいるけど、彼らは何の為に、走っているんだろう?
 まだまだ、これがどんな物語なのかはわからないんだけど、そうした様子を見ていると、この作品はきっとこんなふうに最後まで勢いを持って駆け抜けてくれるんじゃないか?
 そういう期待を持てるような気がした、一言で言えばとてもワクワク、した!
 印象的だったのは、このアニメは見ていると、とても目が合う。
 冒頭のGセルフ争奪戦の最後、画面を見ていると、ロボットと目線が合う。
 最初のガンダムの冒頭でザクが出てきた時を思い出す演出だけど、そちらは、目線が合ったあとで視線をそらすところまで描かれていたと思う。
 昔のガンダムを見ていた人にとっては昔を思い出すシーンだけど、それを知らない人にとってこのシーンはどんな意味があったんだろう?
 面白いのはザクのデザインは明確に視線を意識できる、眼球をもしたデザインがあるんだけれど、Gレコにはそれがない。
 だけど、本編を見ていると他のそうした人間の目の形の延長線として認識できないようなデザインのロボットにも目としての動きがあったところだ。
 キャラクターでも、見ている人と目線が明確に合う、カメラ目線を取っているカットが多いと思う。
 目線の演出はそれだけではないけど、1話はとくにそれが顕著なんじゃないだろうか?
 1話Aパートの一部をいまネット上で見られるので、それを見返す機会があれば、キャラクタがどこを見ているか?視線はどこに向かって、カメラの動きはその視線とどう交わっているか?に注目して見てみると面白い、かもしれない・・・・
 キャラクターたちの瞳の動きが点々とリレーのように繋がっていく、その視線が一つの道として交わっていくその先にまだ見えない、この作品の物語としての予感を感じる。
 自分はそのまだ見えない瞳の向こう側に、ワクワクしたんじゃないかと思う。

 
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-08-28 01:07

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧