たまこラブストーリー

 ここまでストレートなラブストーリーをアニメ映画で見たのは初めてかも。
 ストレートだけど、滑ってない。
 地面すれすれのカメラワークが多かったり、キャラクターの顔にぎりぎりまでカメラを近づけていたり、アニメっぽい絵で描かれたキャラクターをリアル、とはまた違った地に足の着いたものとして、親密な距離感で描いている感じ。
 見せ方としては凝った作画の動きをさせるより、実写的な映像表現(早回し、ジャンプカット)などを多用していたり、映画的な雰囲気を意識しているのか望遠レンズ的構図が多かったり撮影の仕方を工夫している印象でした。
 なんとなくだけど、こうした撮影的な効果を強調した映像を見ていると、そうした「撮影している」という感覚が、この映画はキャラクターが存在していて、それを撮影した映像なのだ・・・・という錯覚を感じさせる、一種のフェイクドキュメンタリー的な物になっていっているような気もします。
 たまこラブストーリーは、そんなふうにしてキャラクターたちのドラマに立ち会えているような気がして、楽しめました。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-05-06 23:47

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧