改めて、風立ちぬ。

 「風立ちぬ」という映画について、改めて。
 この映画についてちょっと感想とか見聞きしていて思ったんですがこの映画って話しづらいんですよね。
 それはそうだと思う。そもそも話題にあげて話をする時って、どんな物語だったか?というのを前提にして話すのだと思うけれど、この作品がどんな物語だったかを説明するのは難しい。
 単純に飛行機を作る話だとも、恋愛話だとも言い切れない、この映画は時代物だろうか、戦争物だろうか、そのどれとも言い切れない。
 数十年の時間を渡り歩くこの映画の時間は飛び飛びで、一つ一つの場面は連続した時間としてはつながらない、見ていても一体どれほどの時間が経ったのか正確に把握することは難しい。
 映画の風景は日本のあるときの姿を表しているようでもあり、またこれまでの宮﨑駿さんの関わった作品を思い出させる風景のようでもあり、その中を点々と旅しているような非現実的な感覚もある。
 堀越二郎が現実と夢の中を往き来するように、映画を見ている人もまた現実の歴史の中と風立ちぬという夢の中を行き来する。
 そんなふしぎな作品なんだけれど、個人的にこの間に一つの作品を通して見直すと、少しわかりやすいかなと思っています。
 わかりやすいというと語弊があるかもしれないけれど、「風立ちぬ」ととても似ていて、また真逆の作品だと思う。
 個人的に思っているだけなんですけど、その作品は「王立宇宙軍オネアミスの翼」。
 似ているところは色々あって、そもそも冒頭の始まり方が似ているんだけど、どちらも子供の頃飛行機パイロットに憧れて、夢破れる。
 夢は二重の意味での夢で、どちらの主人公も眠りから目が覚めて、という所からこの二本の映画は始まります。
 王立宇宙軍は架空の星を舞台に現実の地球の世界観が投影されており、主人公も等身大の人物。風立ちぬは実際の歴史、史実の人間を主人公としてまったく架空の人生を描いているという、どちらも少し変わった世界観をもっている。
 人物配置や個々のエピソードは見比べると似ていると思う、けれど印象はかなり違う。
 大きな部分としては、王立宇宙軍で見どころとして描かれるスパイが暗殺にくる件やクライマックスの戦争シーンなどは風立ちぬには存在しない。
 とはいっても、全くないわけではなく別荘で出会う外人はどうもスパイだったらしいであるとか、最後に戦争があった事自体は触れられている。
 風立ちぬでは、これらよりヒロインとの恋愛模様に比重が置かれているように感じる、これは王立宇宙軍との大きな違いだと思う。
 そんな風に見比べるうちに、自分としては風立ちぬを見たことで、王立宇宙軍に対する見方が少し変わっていった。
 これは、ピークに関する話だと思った。
 王立宇宙軍のクライマックス、ロケットに打ち上げられて宇宙に行くのは主人公にとって、人生のピークだと思う。
 王立宇宙軍は主人公のそれまでの人生の中で、最高到達地点に達した瞬間に終わる、それまでの物語だ。
 風立ちぬはどうだろうかと思うと、この映画はそれがどこなのかがわからない。
 ただ二つの映画を思い浮かべて、自分が少し思ったのは、風立ちぬという映画は一人の人間の人生のピークを渡り歩く物語だったかもしれない。
 生きていく中で起きた良いことも悪いこともどちらも等しく一人の人間の中で印象に残った、ある種のピーク。
 そうした記憶が付箋のような働きをすることで、人生を見通す道しるべになる。見ている人間は、そんな付箋をたどって見ていくうちに、堀越二郎という架空の人間が本当にいたような気分になる。
 自分もこれからの人生の中でこの作品の事をふとした瞬間に思い出し続けるんじゃないかなと思いました。
 

 所でまだ少し風立ちぬについて書こうと思ったけど、出かけなければいけないので、続きます。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2014-01-05 03:18

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧