カサハラテツロー版「フルメタル・パニック!0-ZERO」

 カサハラテツローさんが原作を再解釈しつつ新たに描いている「フルメメタル・パニック」のマンガ版、「フルメタル・パニック!0-ZERO」を読んでみた。
 様々な点に関してカサハラさんなりの解釈が及んでいるようで、その細かな描写が面白い。
 登場人物の千鳥かなめが戦車の砲撃の現象を観察してたりする。
 フルメタル・パニックはアームスレイブと呼ばれる、人型ロボット兵器が実現された世界観が描かれている。
 特に、人型特有のマニュピレーターに関するその細かな描写が面白い。
 主人公の乗っているロボットが登場姿勢になるために地面に膝と手を付いたクラウチングスタートのような姿勢になるんだけど、その際に手を保護するためにナックルガードが手を保護する設定になっている。
 それから、マニュピレーターを動かすために専用レバーを操作する描写があるんだけど、人型特有の人間と同じ手の形を繊細に操作するための描写が良い。
 まず細やかな操作をするために、専用のゴーグルをつける、操作レバーはパイロットの腕の動きに同調するようで関節が付いており、握り手には五本指に相当するボタンがついている。
 パイロットは自分の手を動かす要領でロボットの手を動かすわけだ。
 こうした細かい描写が面白く、自分の中のロボット欲求が満たされて楽しく感じる。
 
 
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2013-11-09 21:17

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧