魔法少女まどか☆マギカで気になった作画

 連休で「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版を全て見ました。
 総集編の全後編から、最新の[新編]叛逆の物語まで。
 [新編]叛逆の物語は劇場の大スクリーンで堪能。
 ここ数年おとなしい文芸志向のアニメ映画がおおいかったせいか、独特の勢いも相まって満腹感のある映像でした。
 なにより、TVシリーズの内容を見ていた人の見たいものを全部詰め込むサービス満点感を味合わせると同時に、それが主題と相まって予想外の結末に至るという、どこまでもサービスを尽くした作品だなあと思いました。
 特に痺れたのは総集編後編のTV版OPの挿入の仕方で、この構成にはグッと心を掴まれました、スクリーンでちゃんと見なかったのを後悔したくらいです。
 大スクリーンで見ると、劇団犬カレーさんの映像は大迫力でいいですねえ。
 犬カレーさんは「うさぎドロップ」を見た時に思ったけれど、奥行を錯覚させる技術力がすごく高いと思います。
 なので、魔女の結界に入っていく、扉がどんどん開いていく映像とかすごくトリップ感があっていいんですよね。
 自分はスクリーンで見たことが未だにないのではっきりとしたことは言えないんですが、「2001年宇宙の旅」のラストとかこういう感じの感覚なのかなあと思いました。
 本編内のアクションシーンも多種多様なアイデアが詰め込まれていて、こういうのアニメで見たいんだよなあという欲求を魔法っていう何でもありなステージ上でしっかりと視覚的イメージとして創造してくれていることにとても好感を持ちました。
 久しく見なかった大都市大崩壊が序盤から延々と続くのも日本のアニメ映画ぽくってよかったですね。
 で、少し気になったのは、総集編のこの辺のエフェクト

 
d0224617_0513824.jpg

d0224617_052621.jpg

d0224617_0523336.jpg


 この一連の煙の作画、TVシリーズの1話に該当するシーンなんですけど、煙の部分だけ全部描き換えられているんですよね。
 この煙のフォルムが磯光雄さんを意識されたような感じの形でいいなあと思います。
 さやかちゃんが消化器を持ってる周囲の煙の形も独特の形状でいいですね、ちょっと林祐己さんや西田達三さんのエフェクトに似てるかな?
 全体としては西田さんに似てるかも。
 上の画像にはありませんが、この後のほむらちゃんが煙に巻かれてるカットもいい感じです。
 更にそのあとで、引きの画面で滞留した煙が一気に吹き飛ぶカットだけはTVのままなんですけど、このカットもカッコ良いんですよね。
 エフェクトのフォルムも独特なんだけど、めくらまし的に画面を覆う煙のタイミングが気持ち良いです、このアニメの中で初めて異能の力を登場人物が振るう瞬間なので力が入っていたのかもしれません。
 DVD版は未確認なので、これが劇場版からの作画なのか、DVDでの変更なのかわかりませんが、どなたのお仕事だったのか、それぞれ、気になるところです。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2013-11-06 01:12

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧