田舎暮らしで困ること。

 それは、劇場アニメが見れないことです。
 TV放送でも差があると思いますが、自分は埼玉県民なのであまり困ってはいません。それでも近年は放送されていないアニメが多いみたいですね、タイガー&バニーって映画化されるらしいけど、そんな人気アニメいつ放送していたの?という感じ。
 最近アニメ映画って凄く多いんですけど、その多くが地元では見れないのが大変です。
 今日は「フェアリーテイル」の劇場版を見に行きました、これがなかなか遠くって10以上遠くの駅まで電車に乗って出かけないと見れませんでした。
 「コードギアス」も見たかったんですが、上映時間が合わずに断念、「るろうに剣心」を見て帰って来ました。
 「フェアリーテイル」原作の予備知識もなく見たんですがなかなか楽しめました、映画なのでもう少しカロリーの高い感じがあってもいいかな。
 お話の方も、面白そうな要素はあるんだけど、噛み合ってない部分が所々にあって、特に最後のヒロインのセリフが唐突に感じて「?」となってしまいました。
 全体的にキャラクターが活躍しているのを見る作品だと思うんですが、ジュビアというキャラクターが良いキャラで、この娘が出ているのを眺めてるだけで楽しいなと思いました(笑)
 「るろうに剣心」は予告を見た印象のままで、それなりに良かったんですが、アクションの見所みたいな部分を予告で見すぎていたのかな、それ以上の何かが無かったので物足りなさがあります。 
 あと、薫がポニーテールじゃないのも物足りなかったです(笑)剣心がマンガと同じ格好になるのにプロセスがあったので、こっちも・・・・・・・・・とおもったら何もありませんでした(笑)
 剣心の動きが早い(と思わせる)カットがだいたい予告で見たものでほとんどでしたね、こういうことがあるのでもう最近はできるだけ事前情報を絞るようにしていて、絶対見るようなアニメなんかは事前に予告映像とか一切見ないようにしていきたいなあと思うようになりました。
 だから、エヴァQの予告はもうアレで全部でいいなあ~。
 原作ファンなのですが、続編があるようならば期待したいです。
 そういえばかわったクレジットが最後の方にあって、この映画を制作するに辺り動物は虐待されていませんとか何とか、映画で出てくる動物は薫が猫ちゃんだ~って言って撫でてるところくらいだったと思うんですが・・・・・・・・・?


 最近買った本。

 「おおかみこどもの雨と雪ARTBOOK」
 分厚い。
 これが2600円で出てるなんて凄いことだなあ、カラーページたっぷりだし。
 カラーページは主に背景美術に割かれています。
 レイアウトも沢山載っていますが、ちょっと物足りない・・・・・・・・・もっと山下高明さんの絵が見たい!
 原画の掲載はもっとあるかと思ったんですがかなり限られていますね、井上俊之さんが描かれた雪の森を親子で疾走するシーンを抜粋で掲載しているものが中心で、抜粋されている中で抜けているものも、そこが見たいんだけど・・・・・・・・・とちょっと物足りない感じがします。
 掲載されている井上俊之さんのインタビューが目開きでの掲載されているんですが、これが読み応えがあって、今の井上さんの気分みたいなものがよく伝わってくる気がします。

 「機動戦士ガンダムUCインサイドアニメーションワークス1」
 原画集なのかな?と思って買ったんですが、変わった本ですね。
 主にキャラクター別に設定と総作画監督修正っぽいものが載っています。
 ロボットのページもお乗っているのは主に修正。
 キャラクターの方は顔のUP中心、かとおもうと手だけのカットにページが割かれていたりもします。
 キャラメカともに動きがわかるような原画の載せ方ではないですね、描き込みの感じを見るための本なのかな?
 今の時代のリアル系メカアニメの作画がどれだけ大変なのか、UC本編はまだ1巻しか見ていませんが、そうしたメカアニメの中でも頂点にあると思います。
 これだけの密度で、これだけ動くというのがもう少し分かる内容の本ならもっと良かったなあともいます。
 1ということなので、2が充実することに期待したいです、そしてUC本編も見ないといけませんね。
 注目はあまりこうした本には掲載されることのない、作画注意事項が大量に掲載されている所でしょうか。
 
 「ぼくのくるま」「ポール」
 岡本順さんという児童書の表紙や挿絵で活躍されている方の単著で、どちらかというとマンガですね。
 メビウスを日本調にしたような感じで、日本人的な顔をうまく漫画絵に落とし込んでいる所が上手いですね。
 とあるアニメーターさんが強い影響を受けていると聞いて買ってみました。

 「五十嵐大介画集 海獣とタマシイ」
 五十嵐大介さんが好きで待ちに待って出た待望の画集です、ちょっと判型が小さいかなあと手に時は思ったんですが月刊漫画雑誌サイズという事なので、コレもありかなと思いました。
 内容は画集だけということではなく、五十嵐大介総特集雑誌を見ている感覚がします。
 今までの五十嵐大介さんの対談が再構成されて収録されているんですけど、五十嵐さんのマンガの絵と絡めた誌面の空気を作っていて何だか面白いです。
 ただ、昔の対談を再録するだけでなく、どうせなら新しい対談があればもっと良かったんじゃないかなあと思います。
 画集と読み物的な2冊にわかれていて、読み物的な方にもマンガのネームとかラフスケッチとか色々載っていますね。
 画集の方は年代順ではあるんだけど、カラーページだけでなく白黒原稿も挟んであって、トリミングの仕方も独特です。
 自分はページを開く面白さがあって、五十嵐大介さんの絵を見る以外の面白さも楽しめました。
 画集発売に向けてテンションが上がっていたので、単行本やこの画集に収録されない五十嵐大介さんのマンガが載っている雑誌を買い集めてまとめて読んだんですが、ページ数は少ないけどどれも面白かったですね、バリエーションがあって。
 絵柄もどれも微妙に違う感じがしました、引き出しの広い人なのかなあ~
 この画集を見ていて、あと友人の絵とかの影響もありますが、自分でも水彩でカラーの絵を描いてみたくなりました。
 このブログでらくがき何かを載せていくのもいいかなあーと思います。
 
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2012-08-26 01:09

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧