上井草アニメーターズ

 「氷菓」を見たけど、京都アニメーションの作品はキャラクターの名前を覚えるくらい見すすめてからでないとよくわからない。
 最初はどんな作品なのか、楽しみ方がわからないなあとよく思うんですがそういう所がいいなあと思います。
 見ていく過程で自分なりの見方の楽しみを見つける、というのが自分にとってのアニメの楽しみというものなのです。
 


 「上井草アニメーターズ」というアニメ業界を舞台にしたマンガの単行本が出てるらしいのですが、どんなマンガなんだろうか、気になります。
 作者さんはアニメーターさんらしいですね、調べたらシャフトにいた人なのか、なるほどだから上井草。
 まだ読んでないけど、女子高生の原画マンという人が出てくるラブコメ?
 女子高生アニメーターとか、そんな人は居ないだろうという設定なのかもしれないけど、実際はそんな人はいたりするというのが事実は小説より奇なりな所。



 なんとなく、「H2」の松本憲生さんのお仕事を見返したら、すごく良かった。
 見なおしたのは、23話で地味だった印象があったんだけど今見るとすごく良かった。
 野球部の合宿にて、旅館で相部屋になってしまった高校生の男女がそわそわして寝れないっていう話なんですけど、細かいお芝居が素晴らしい。
 布団をくっつけたりはなしたりしてドキドキしてる主人公をジュースの飲みっぷりで表現したり、ここ作画的には喉仏の動き、線一本の差なんだけど感情がよく感じられます。
 湯上りの女の子の姿が色気があるように見える男の子の感じで、女の子だけがフレームにいる時の動きはどこかこの男の子の主観的に見える動きだなあと思う。
 女の子が男の子の手前に歩いて来る時、カット尻で女の子の後ろ姿に男の子の顔が隠れそうになる瞬間、思わず顔を背けたり。
 鏡前で入れ違いになる時に女の子が目パチしたり、歩き方もそれぞれ変えたり。
 シーン後半はセリフがなくBGMだけでイメージ的な演出になっているんだけど、動きが豊なのでなんとな~くこんな事を言っているのかなあなんて想像できる、良い。
 あわてて他の回も見なおして、自分はあだち充さんの大ファンのような気がしてきて、「クロス・ゲーム」の単行本を買ってきてしまいました。
 でも、実際にあだちさんの絵を見ると、自分が好きだったのは松本さんの描くあだち充絵だったのかー!?っと思いました。
 あだちさんの絵自体も好きですけどね、コントラストが効いてる所とかフォルムとか好きなんですよねー。



 あと、昨日柳沼和良さんのインタビューに同行しました。
 柳沼さんの同人誌に掲載される予定なので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]



by Yakeishi-ni-Mizu | 2012-04-30 22:40

Amazon欲しいものリスト http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/336X7D8JLELOE/ref=cm_sw_r_tw_ws_bzHexb1WSRJJA
by Yakeishi-ni-Mizu

カテゴリ

全体

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧